GALERIE Tokyo Humanité ギャルリー東京ユマニテ

村井進吾彫刻展
MURAI Shingo New Works 2002
2002年10月15日(火) - 11月2日(土)
10:30 - 18:30 日曜日休廊

 この度、村井進吾の2年ぶりの新作展を開催いたします。
村井進吾は1952年生まれ。多摩美術大学大学院修了後、数多くの個展、グループ展で作品を発表し、建築家との共同作業によるアートワークスも多く手がけています。昨年は大分市美術館で大規模な個展を行い、今年6月には同美術館で行われた「アート循環系サイト展」にも出品するなど、精力的に発表を続けています。
 村井進吾の作品は、そのストイックな作品のためか、まず、石の美しさに心を奪われます。作品そのものも石を掘削しただけのような一見簡潔極まりない形状をしています。しかしながらその作品をよく見ると、ところどころにその内部に思いを馳せる痕跡がいくつも見られます。表面の鋭利な石魂はいくつかに分割され、再度組み立てられたり、外からは見えないところにある仕業が施されたりして、内部への想像をかき立てます。
 今回の新作展では黒御影石を使った70cmの立方体の作品を中心に展開され、他に小品が数点出品されます。彼の作品は一つの石塊作品ではなく、作品が置かれたその空間に新たな発見を促す存在といえます。今回の展示によって画廊の空間でどのような変化を体験させられるのか、とても楽しみな展覧会となるでしょう。

村井進吾 関連情報 2000.3 「村井進吾展-思考する石-」大分市美術館


左から 「SOLID-AB」 H70x70x70cm  「SOLID-BA」H70x70x70cm
共に黒御影石 2002

撮影: 山本糾

「泉-4」 2002
黒御影石
H22x38x17.2cm

sold
「泉-5」 2002
黒御影石
H22.2x18.5x18.3cm

sold
「泉-6」 2002
黒御影石
H21.6x18.3x19.0cm
全て各¥250,000(税別)
「SOLID-S021」 2002
黒御影石
H8.5x32.8x17.8cm
撮影: 山本糾
「SOLID-S022」 2002
黒御影石
H19.8x14x14cm

展覧会名 村井進吾彫刻展 MURAI Shingo New Works 2002
会  期 2002 / 10 / 15 (tue.)- 11 / 2 (sat.) 日曜、祝日休廊 開廊時間 10:30-18:30
問い合わせ先
ギャルリー東京ユマニテ 金成(かなり)
tel. 03-5255-3210 fax. 03-5255-0221
お問い合わせは humanite@js8.so-net.ne.jp

展覧会情報へ

GALERIE Tokyo Humanité ギャルリー東京ユマニテホーム