GALERIE Tokyo Humanite ギャルリー東京ユマニテ

櫃田伸也展 「通り過ぎた風景・山・・・」
HITSUDA Nobuya New Works
2004年5月10日(月)−5月29日(土)
10:30 - 18:30 日曜日休廊

内容
櫃田伸也(ひつだのぶや)は1941年東京生まれ。東京芸術大学大学院修了後、愛知県立芸術大学に勤務するかたわら制作に取り組んできました。’85年には安井賞を受賞し、その前後はニューヨーク、パリに研修員として滞在するなど活動の幅を広げました。
櫃田の描く作品は何気ない身近にある、なつかしいい風景であったりします。しかしながら、それらはいくつかの断片によって組み立てられ、目の前にある風景とは違う風景となって描かれていきます。以前は風景の中の「境界」が重要な要素でしたが、近年は山水、山などが画面に広がりを見せてきました。
本展覧会は新作の油彩150号3点のほか、紙に描いたドローイング数点による構成です。当画廊では7年ぶりの新作展になりますのでこの機会に是非ご高覧下さい。


空き地のプラン
2003年
油彩、キャンバス
181.8x227.3cm

お問い合わせは humanite@js8.so-net.ne.jp


「方舟」
2003年
油彩、キャンバス
65.2x91.0cm

櫃田伸也(ひつだのぶや)略歴
1941 東京生まれ
1960−’66 東京芸術大学及び大学院に学ぶ(同大助手として’69年迄勤務)
1975−’01 愛知県立芸術大学勤務(’96-教授)
1979−’80 文化庁芸術家在外研修員(パリ)
1984 名古屋市芸術奨励賞受賞
1985 第28回安井賞受賞
1990 文部省在外研修員(ニューヨーク、パリ)
1992 個展 梅田近代美術館(大阪)
1994 個展 西武アートフォーラム(東京)
1994,’96 「モダニズムの系譜」日本橋高島屋、梅田近代美術館(大阪)
1995 「戦後文化の軌跡」目黒区美術館、広島市現代美術館他
1997 「東京インターナショナルアートフェスティバル’97」東京国際フォーラム(東京)
1997−‘98 個展 ギャルリーユマニテ(東京、名古屋)
2001− 東京芸術大学美術学部油画研究室教授 
他、個展、グループ展多数

<展覧会概要>
展 覧 会 名 櫃田伸也 [ひつだのぶや] 展 「通り過ぎた風景・山…」
会期 ・ 時間 2004/ 5/ 10(月) − 5/ 29(土) *日曜日休廊 10:30-18:30  
会     場 ギャルリー東京ユマニテ 
         〒104-0031 東京都中央区京橋2-8-18 昭和ビルB1F 
         Tel: 03-3562-1305 Fax: 03-3562-1306
         ●地下鉄銀座線京橋駅 E番出口から徒歩1分 ●JR東京駅八重洲口から 徒歩8分
展 示 内 容 新作油彩150号3点を中心に、紙に描いたドローイング数点

問い合わせ先 humanite@js8.so-net.ne.jp
ギャルリー東京ユマニテ 金成(かなり)
Tel: 03-3562-1305 Fax: 03-3562-1306
(URL)http://kgs-tokyo.jp/humanite.html

関連情報 2000.5 1999.5

展覧会情報へ

GALERIE Tokyo Humanite ギャルリー東京ユマニテホーム