画集刊行記念 池田龍雄展 “場の位相 ワームホール・線”
IKEDA Tatsuo New Works 2006

2006年12月7日(木)−12月26日(火)

 池田龍雄 (いけだたつお) は1928年佐賀県生まれ。大戦後の’50年代初頭から常に前衛的な立場で制作に取り組み、いわゆるルポルタージュ絵画運動の中で注目されました。その後、日本の戦後美術を代表する作家の一人として絵画、オブジェ、パフォーマンスなどを行い、その活動は美術の枠を超え、舞台や映画の仕事にも携わりました。こういった池田の作品は、国内外の展覧会に出品するなど高い評価を受け、現在でも精力的に制作を続けています。


「米」 1967年 コラージュ、インク、紙 40.1x29.6cm

今回は、前回(2004年)の個展で発表した「場の位相シリーズ」の延長線上にある作品群で、ミクストメディア、パネルによる1m〜1.8mほどの大作17点の他、立体、ドローイングなどを展示いたします。    当画廊では2年半ぶりの新作展になります。また、今年9月に刊行された「池田龍雄画集」も併せてご紹介いたします。この機会に是非ご高覧下さい。


「場の位相 No.3」 2003年 アクリル、ミクストメディア、パネル 165.4x256.4cm

作家からのメッセージ (2004年個展カタログから抜粋)

場とは、磁場であり電場であり重力場であり、あるいはヒッグス場であるかもしれない。宇宙は場に満たされており、場の中を動いている。地上では、現場であり相場であり職場であり戦場であり、あるいは墓場でもあるだろう。世界は場の中にあり、人は場の中で生きている。場は、穴となり波となり渦となり線となり、捩れ、曲がり、走り、広がっている。けれども、場は見えない。わたしは、その見えない何かを見ようとして絵を書き、または描き、もしくは画いた。

----------- 関連情報 -----------

2004.4

  

待望の池田龍雄画集が刊行になりました。
ご希望の方はこちらにお問い合わせください。

内容 体裁 外寸 30x30cm 200頁函入り
    図版カラー約50点 モノクロ約400点
    テキスト 中原佑介 鶴岡善久 椹木野衣
    池田龍雄自筆署名入り
発行 沖積舎 2006年8月
価格 \36,750 (税込)

 

■展覧会概要
展覧会名 画集刊行記念 池田龍雄展 “場の位相 ワームホール・線”
会期 日時 2006. 12. 7 (木)  − 12. 26 (火) 日曜、祝日休廊 10:30- 18:30
会場 ギャルリー東京ユマニテ
〒104-0031 東京都中央区京橋2−8−18 昭和ビルB1F
※地下鉄銀座線京橋駅6番出口から徒歩1分
問合せ先 ギャルリー東京ユマニテ   tel. 03-3562-1305 fax. 03-3562-1306
(e-mail) humanite@js8.so-net.ne.jp

■池田龍雄 略歴

1928 佐賀県生まれ
1948 多摩造形芸術専門学校(現多摩美術大学)入学
1949 安部公房、岡本太郎、花田清輝らのアバンギャルド芸術運動に参加「世紀の会」加入
1981 「1950年代展」 東京都美術館
1982 「瀧口修造と戦後美術」 富山県立近代美術館
1985 個展「池田龍雄の世界展」 池田20世紀美術館、伊東
  「再構成・日本の前衛1945−1965」 オックスフォード近代美術館、イギリス
1986−87 「前衛美術の日本1910−1970」 ポンピドーセンター、パリ
1988 「日本のルポルタージュアート展」 板橋区立美術館
1992 「日本の現代美術1945−1985」 東京都美術館
1995 「戦後文化の軌跡1945−1995」 目黒区美術館
1997 「ねりまの美術 ’97 池田龍雄・中村宏展」 練馬区立美術館
1998 「美術と舞踏の土方巽展」池田20世紀美術館  「瀧口修造とその周辺展」 国立国際美術館
2000 「万歳七唱岡本太郎の鬼子たち」 川崎市岡本太郎美術館
2001 「BOX ART」 新潟市美術館 他4館巡回
  主な著書 『絵画の距離』(創樹社) 『夢・現・記』(現代企画室)  『蜻蛉の夢』(海鳥社)  『芸術アヴァンギャルドの背中』(沖積舎)