林 孝彦 展 「祈りの巣」
2007/ 6/ 11 (月)− 6/ 30 (土)


The Nest of Winds  2007 ミクストメディア、コラージュ、パネル 182x273cm

 林孝彦は1961年、岐阜県生まれ。
‘87年、東京藝術大学大学院版画専攻修了後、西武美術館版画大賞展優秀賞、’89現代日本美術展東京都美術館賞を受賞するなど、注目を集めました。
林孝彦の銅版画作品は、精巧な技術に裏打ちされた、スピード感のある力強い曲線と明快な輪郭の画面構成が特長です。また、版画とは別に、手すき和紙やパーチメント(羊皮紙)、に布や糸をコラージュしたり、インクで描くドローイング作品も発表しています。さらに、近年では国内での発表に留まらず、アメリカ、ドイツなどでも個展を開催し、そのどこか懐かしさを感じさせるプリミティブな感覚は、多くのファンを魅了してきました。


「祈りの巣-b.2007」
ミクストメディア、綿、コラージュ、パネル91x91cm

老子考−無之以為用(11) 2006
銅版画 29.8x29.8cm ed.50

今回の新作展は、手すき和紙やパーチメントにインクなどでドローイングした90x90cm の作品を約10点組み合わせて、壁面いっぱいに展示します。さらに、紙に描かれたドローイング作品、新作銅版画などが約20点発表されます。
林孝彦の3年半ぶりの新作展。どうぞ是ご高覧下さい。

作家からのコメント
オリジナルなものの生み出す”ちから”の価値より、派生するものの”利用価値”の方が重宝がられるご時勢ですが、時勢に頼らないで、生み出す”ちから”を表していきたいと思います。どんな宗教を信じている人たちも祈る姿は皆同じに見えます。そんな、より根源的な、土着的なものを頼りにしてみたいと思いました。


関連情報:林孝彦作品リスト

■展覧会概要
展覧会名 林 孝彦 展 「祈りの巣」
会期 日時 2007/ 6/ 11 (月) − 6/ 30 (土) 日曜日休廊 10:30-18:30
会場 ギャルリー東京ユマニテ
〒104-0031 東京都中央区京橋2−8−18 昭和ビルB1F
※地下鉄銀座線京橋駅6番出口から徒歩1分
問合せ先 ギャルリー東京ユマニテ   tel. 03-3562-1305 fax. 03-3562-1306
(e-mail) humanite@js8.so-net.ne.jp
林 孝彦 略歴
1961 岐阜県に生まれ
1985 武蔵野美術大学油絵科卒業
1987 東京芸術大学大学院美術専攻科修了
<主な個展> (2000年以降)
2000,01,02,
03 ,04,06
ギャラリーゆう (大垣)
2001,3/1 MHSタナカギャラリー (名古屋)
2001,4/1 ギャルリー東京ユマニテ(東京、京橋)
2002 クンストローム・ケェトゥナー (アウグスブルグ、ドイツ)
Gallery B.Reutz (ミュンヘン、ドイツ)
2003,05 Ren Brown Collection Gallery (ボデガベイ、アメリカ.)
Froelick Gallery (ポートランド,合衆国)
2004 The Club at The Claremont (バークレー、アメリカ)
Azuma Gallery (シアトル、アメリカ)
2005,06 The Gallery of New Grounds Print Workshop
(アルバカーキ、ニューメキシコ、アメリカ)
<主なグループ展>
2001 I WALK 2001/版画再考 (文房堂ギャラリー、東京)
韓日中現代版画展(駐韓日本大使館広報文化院、韓国)
2003 クラコフトリエンナーレ・国際版画交流展-日本・ポーランド(クラコフ、ポーランド)
2004 Graphic Studio Gallery Dublin (ダブリン、アイルランド)
Model Arts and Niland Gallery(スライゴ、アイルランド)
2005 高知国際版画トリエンナーレ展(高知、日本)
韓国国際アートフェア-KIFA2005(ソウル、韓国)
ソウル国際版画写真アートフェア-SIPA(ソウル、韓国)
屏風というかたちで-東京オペラシティーアートギャラリー収蔵品展(東京、日本)
2006 Froelick Gallery (ポートランド、合衆国)
Graphic Studio Gallery Dublin (ダブリン、アイルランド)
素材と表現-東京オペラシティーアートギャラリー収蔵品展(東京、日本)