2年ぶりとなる西島直紀の新作展を開催いたします。
西島は楓の葉や、いくつかの層を重ね合わせた抽象的な作品を発表していましたが、近年は一変して、風景を描き始めました。今回の新作に出てくるモチーフもどこか懐かしい、湖畔や山荘、森などの風景です。
しかしながら、その風景は色彩を抑えたブルーグレーやセピア色のみで描かれ、さらに画面全体には無数のドットが散りばめられています。そこには見る側の遠近視界を狂わせ、時間を俯瞰させるような客観的な視座をもたらす、不思議な画面が広がっています。
安心感のある古き思い出のような何気ない風景でありながら、どこか深層心理に探られる作品群。是非ご高覧下さい。

西島直紀 略歴
1951 富山生まれ。1974 東京造形大学卒業。
1970年代よりシロタ画廊(東京)、盛岡クリスタル画廊(岩手)、
ギャラリーNOW(富山)で個展開催。
1986年からはギャルリー東京ユマニテで作品を発表。
その他、1986年「日本海美術展」富山県立近代美術館、
1987年「第3回西武美術館版画大賞展」(優秀賞受賞)、
1989年「現代日本版画展」ノースウェストピース美術館(ワシ
ントン他)、1990年 「'90富山の美術」富山県立近代美術館
1995年 空間-沈黙の風景- ART SCENE IN TOYAMA」
高岡市美術館(富山)等、グループ展に出品。

関連リンク
2007.2  2004.11  2003.6  2001.9  1998.1

お問い合わせは  ギャルリー東京ユマニテ humanite@js8.so-net.ne.jp
tel. 03-3562-1305 fax. 03-3562-1306


「湖のほとり」 2008
油彩、キャンバス 162.1x193.9cm


「教会」 2009
油彩、キャンバス 193.9x162.1cm

EXHIBITION

to HOME