野田裕示(のだひろじ)は1952年、和歌山県生まれ。1976年、多摩美術大学油画科卒業後、まもなく、当時現代美術の先駆的画廊であった南画廊(東京)の志水楠男氏に見出され、初めての個展を行い、早くからその実験的でダイナミックな作品は注目を集めました。
野田は、一貫して支持体と絵画の関係に取り組んだ作品を制作。国内外の美術館、画廊での発表を精力的に行ない、2001年には芸術選奨文部科学大臣新人賞を受賞するなど、その評価は着実に高まっています。
また、近年は石彫の岡本敦生氏とのコラボレーションで石の彫刻にアクリル絵の具によるペイントを施した作品を発表し、愛知県美術館での展示、さらに2005年の「現代日本彫刻展」では毎日新聞社賞を受賞するなど、立体と平面による新しい展開も見せています。

今回の新作は約2年ぶりの発表となります。前回の新作展で発表した、人体のような白いフォルムが浮かび上がる作品を150号の大作(227.3x162.1cm)に発展させた作品が10点出品されます。
作為的な手法を一切削除し、野田が以前より追い求めてきた「かたち」のもつ有機的な面白さを前面にしたこれらの作品は、二次元の平面を飛び越え、その生々しいまでのかたちが、見る者に迫りくる
三次元の立体のように表出してきます。
常に意欲的に新たな制作に取り組む野田裕示の新作を是非ご高覧下さい。

● 野田裕示 略歴
1952 和歌山県御坊市生まれ
1976 多摩美術大学油画科卒業
1990 和歌山県文化奨励賞受賞
2001 芸術選奨文部科学大臣新人賞受賞、御坊市文化賞受賞

個展
1977年以降おもに、南画廊(東京)、ギャラリーホワイトアート(東京)、ギャルリーユマニテ東京/名古屋、スズカワ画廊(広島)、石屋町ギャラリー(京都)、ギャルリプチボワ(大阪)、クンストハウス(和歌山)、色彩美術館(東京)、ギャルリー東京ユマニテ、和歌山県立近代美術館などにて個展開催

主なグループ展
1984
「第4回ハラアニュアル」 原美術館(東京)
1986
「日本現代美術展」 台北市立美術館
1989
「世田谷美術展」 世田谷美術館 (以降1997年まで毎年出品)
1994
「モダニズムの系譜」 日本橋髙島屋、梅田近代美術館
1996-97
「コラボレーション:岡本敦生+野田裕示展」 ギャラリー山口(東京)、ギャルリーユマニテ東京、
愛知県美術館
1999
「現代日本絵画の展望展」 東京ステーションギャラリー
2000
「コラボレーション2000:岡本敦生+野田裕示展」 ギャラリー山口(東京)、ギャルリーユマニテ東京、
盛岡クリスタル画廊
2002
「コリア ジャパン コンテンポラリーアート」 ジーンアートセンター(韓国、ソウル)
2004
「平成15年度文化庁買上優秀美術作品披露展」 日本芸術院会館
「コラボレーション2004:岡本敦生+野田裕示展」 ギャラリー山口(東京)、ギャルリー東京ユマニテ
「音戸アートスケープ ゲニウスロキ2004」 広島県安芸郡音戸町
2005
岡本敦生とのコラボレーション「第21回現代日本彫刻展」 宇部市野外彫刻美術館(毎日新聞社賞受賞)
2006
「建畠覚造文化功労者顕彰記念展 闇に漕ぐ舟」 ギャラリー山口(東京)、ギャルリー東京ユマニテ
「アートとともに 寺田小太郎コレクション」 府中市美術館
「野田裕示+鈴木理策展」 和歌山県立近代美術館
2009
「開館10周年記念 響きあう庭―東京オペラシティコレクションより」 東京オペラシティアートギャラリー

パブリックコレクション
愛知県美術館/大原美術館/国立国際美術館/御坊市市民文化会館/世田谷美術館/東京オペラシティ文化財団/新潟市美術館/原美術館/府中市美術館/宮城県美術館/和歌山県立近代美術館/文化庁/国立済州博物館(韓国)

関連情報 リンク
・「自宅から美術館へ 田中恒子コレクション展」
会期:2009. 9/8(火)-11/8(日)
会場:和歌山県立近代美術館
http://www.bijyutu.wakayama-c.ed.jp/exhibition/tanaka_tsuneko.htm

・2008.1 http://kgs-tokyo.jp/human/2008/0115/index.htm

お問い合わせは  ギャルリー東京ユマニテ humanite@js8.so-net.ne.jp
tel. 03-3562-1305 fax. 03-3562-1306


「WORK 1699」 2009
acrylic on canvas 227.3x162.1cm


「WORK 1700」 2009
acrylic on canvas 227.3x162.1cm


exhibition view of noda


exhibition view of noda (1)


exhibition view of noda (2)

EXHIBITION

to HOME